薬局経営研究所

薬局の経営に関して研究しています

>

もったいない

薬局経営研究所です。

 

暑さがピークを越えた感じで嬉しいです

汗かきの私は、助かります

 

__________

目次

  もったいない

__________

 

薬局経営だけでなくて、経営者によくある話です。

 

経営ですので、常に万事うまくいくということは

ありません。

必ず波があります。

それをどう読むのか?という話は、今日はしませんが

今日は、そんな上手くいかない時の話です。

 

経営をしていると、早く改善したい事、結果を出したい事

が必ず出てきます。

でも、上手くいかない・・・

f:id:newkanemon:20200824222046j:plain



 

どうしますか?

よくあるパターンとして

「なかなか上手くいかない。頑張りが足りない。

だから頑張る」

というものがあります。

 

これ、「もったいない」のですね。

なぜか?

それは、残念ながら頑張ることで満たされるのは

学生の時なのです。

経営者は、頑張るだけではダメなのです。

結果を出す事なのです。

会社を継続するために必要ですので。

 

なんとなく、頑張り度をあげれば結果が出る様に

思えるのですが、経営というのはそこまで甘くないのです。

では、なにが必要か?

 

それは

その方法があっているのか?

最善の方法なのか?

という様に、角度を変え、視野を広く持って見直しをすることです。

 

もっと、頑張れば・・・

というのは、もう視野が狭くなっている可能性が高いです。

 

上手くいかないけど、今までの方法に固執している

というのは、可能性を狭めます。

 

ぜひとも、上手くいかない時には、視野を広く、

角度を変えて方法、発想の見直しをしてください。

 

結構、それで上手くいったケースよく見ます。

まあ、だから言っているのですが。。。

 

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました